どんな日焼け対策をおこなえば良いですか

サイパンの日差しは日本の3−4倍と聞いています。マニャガハはそのまた2倍ということで
晩秋から初夏の時期、日本で焼けていない人はすぐに真っ赤になってしまいます。
よくあるのは、マニャガハでついうっかりうとうとしてしまったり、お魚がいっぱいなのでシュノーケリングで、時を忘れてしまったりで、低温やけどになってしまう人。
帰りの飛行機の中で座席の背もたれに背中をつけられずに妙に姿勢の正しい座り方をしているのは、ほとんどそんな人です(笑)。日焼けの度合いは、人それぞれ。だけれど、日焼け止めを塗っても焼けちゃうほどの強い日差しなので
間違ってもサンオイルなんて付けて焼かないように。フライパンの上のソーセージ状態になりますよ。

一番いいのは、少しずつ焼くこと。特に水の中で焼くほうが、光の乱反射のため満遍なく、ムラなく焼けます。

また、Tシャツ・ラッシュガード・ウエットトップなどを着用すれば日焼けは防げます。

 でも、せっかくのリゾートだから、多少は黒くなっても良いのでは?


ラッシュガード・ウエットトップなどは便利なカネセンの通販をご利用ください。